授業目的

バーチャルリアリティとは,体験者の感覚を適切に刺激することによって,実世界の本質的な部分を知覚的に再現する技術であり,実世界と同様の様式でコンピュータとのインタラクションを実現する.本講義の目的は,バーチャルリアリティの実現に必要な技術要素である,センシング,モデリングとシミュレーション,ディスプレイについて理解することである.

到達目標

  1. バーチャルの概念を理解し説明できる.
  2. バーチャルリアリティシステムを構成している要素技術について,原理と特徴を理解し説明できる.
  3. 人の感覚および認知について理解している.
  4. 要素技術を組み合わせることにより,実用的なバーチャルリアリティシステムを設計できる.

授業方法

授業は対面/オンライン/オンデマンドのいずれでも受講可能なハイフレックス(HyFlex)型で実施します.
※ただし,状況によっては学期途中で形態が変更になる可能性がありますので,あらかじめご了承ください.

  • 対面: 4-301
  • リアルタイムオンライン: Zoom
    • ミーティングID: 840 3390 7362
    • パスコード: 066334
  • オンデマンド: 各回の講義を録画し,講義後に公開します.

質問フォーム

質問はこちらのフォームからお送りください.

講義資料・映像・課題へのアクセス方法

LUNAから閲覧できますが,まだ履修登録がなされていない場合は,以下のOneDriveにアクセスしてください.

[講義資料] [動画]

また初回の小課題はこちらです(締切: 4/15(金) 23:59)

※初回はまだ履修登録が流動的ですので,締切を過ぎて提出しても減点はしません.

(4/18) [講義資料]に2回目の資料を追加しました.

2回目の小課題と,その提出フォームです(締切: 4/22(金) 23:59)

4/19の動画です [01] [02]

(4/25) [講義資料]に3回目の資料を追加しました.

3回目の小課題と,その提出フォームです(締切: 4/29(金) 23:59)

4/26の動画です [01] [02]

4回目の小課題と,その提出フォームです(締切: 5/13(金) 23:59)

5/10の動画です [01]

(5/17) [講義資料]に5回目の資料(04-*.pdf)を追加しました.

4回目の小課題の解答です.

5回目の小課題と,その提出フォームです(締切: 5/20(金) 23:59)

5/17の動画です [01]