授業目的

本実習の目的は,エルゴノミクスコンピューティングと関連の深いバーチャルリアリティ技術について,実世界の情報の入力,実世界への情報の出力,バーチャル世界のモデリングとシミュレーションの実習を行い,各技術についての理解を深めることである.

到達目標

バーチャルリアリティシステムに必要な要素技術の原理について,実装を行うことにより理解する.

授業方法

2021年度秋学期の授業形態はオンデマンドA型オンラインで開始する.解説の映像と実習課題を講義ウェブサイトに掲載し,各自の自由な時間で実習を行う.

時間割に設定されている時限(木曜2限)は,質問対応時間とし,Zoomにより質問を受け付ける.Zoomで画面を共有することで対面と遜色ない質問対応が行えると考えているが,対面での質問を望む方もおられると思うので,COVID-19の状況に応じて対面での質問を可能とする.

課題は4テーマを予定しており,各テーマについて作成したプログラムとレポートを提出する.

講義資料・映像・課題へのアクセス方法

講義資料・映像・課題にアクセスするためには,パスワードが必要です.関西学院大学のIDを持つ方は,Microsoft Formsを通じてパスワードを入手できます.アクセスするための手順は以下の通りです.

  1. このフォームにアクセスして,所属等を入力してください.フォームに回答するためには@kwansei.ac.jpのアカウントが必要です.
  2. フォームに回答するとパスワードが開示されます.パスワードは他者に教えないようにしてください.
  3. 講義資料・映像が置かれたサイトにアクセスしてください.アクセス時,および動画視聴時にパスワードが必要です.

不明な点や,動作が説明通りにならないなど,質問がありましたら,m.imura [at] kwansei.ac.jp までメールで問い合わせてください.