授業目的

バーチャルリアリティとは,体験者の感覚を適切に刺激することによって,実世界の本質的な部分を知覚的に再現する技術であり,実世界と同様の様式でコンピュータとのインタラクションを実現する.本講義の目的は,バーチャルリアリティの実現に必要な技術要素である,センシング,モデリングとシミュレーション,ディスプレイについて理解することである.

到達目標

  1. バーチャルの概念を理解し説明できる.
  2. バーチャルリアリティシステムを構成している要素技術について,原理と特徴を理解し説明できる.
  3. 人の感覚および認知について理解している.
  4. 要素技術を組み合わせることにより,実用的なバーチャルリアリティシステムを設計できる.

授業方法

2020年度は,オンライン授業(オンデマンド型)で実施する.解説を映像で配信し,課題を通じて内容の理解度を確認する.

講義資料・映像・課題へのアクセス方法

講義資料・映像・課題にアクセスするためには,パスワードが必要です.関西学院大学のIDを持つ方は,Microsoft Formsを通じてパスワードを入手できます.アクセスするための手順は以下の通りです.

  1. このフォームにアクセスして,所属等を入力してください.フォームに回答するためには@kwansei.ac.jpのアカウントが必要です.
  2. フォームに回答するとパスワードが開示されます.パスワードは他者に教えないようにしてください.
  3. 講義資料・映像が置かれたサイトにアクセスしてください.アクセス時,および動画視聴時にパスワードが必要です.

不明な点や,動作が説明通りにならないなど,質問がありましたら,m.imura [at] kwansei.ac.jp までメールで問い合わせてください.