授業目的

本実習の目的は,エルゴノミクスコンピューティングと関連の深いバーチャルリアリティ技術について,実世界の情報の入力,実世界への情報の出力,バーチャル世界のモデリングとシミュレーションの実習を行い,各技術についての理解を深めることである.

到達目標

バーチャルリアリティシステムに必要な要素技術の原理について,実装を行うことにより理解する.

授業方法

2020年度は,オンライン授業(オンデマンド型)で実施する.実習用資料と解説映像を配信するので,各自で実習を行い,レポートを提出する.

本実習は対面授業実施科目に上がっていますが,課題自体はオンライン授業(オンデマンド型)で実施しますので,大学に来る必要はありません.

機材の配布を検討しており,大学に取りに来ていただきますが,日時は複数準備して都合がつくタイミングで受け渡しを予定しています.大学に来る予定がない人には,郵送でお送りします.

課題に関する質問については,インタラクティブなやりとりが必要な内容の場合は,火曜1限(正規の時間帯)あるいは相談の上で日時を決めて対応します.相談はZoomを介して行います.ミーティングIDは後程連絡します.

講義資料・映像・課題へのアクセス方法

講義資料・映像・課題にアクセスするためには,パスワードが必要です.関西学院大学のIDを持つ方は,Microsoft Formsを通じてパスワードを入手できます.アクセスするための手順は以下の通りです.

  1. このフォームにアクセスして,所属等を入力してください.フォームに回答するためには@kwansei.ac.jpのアカウントが必要です.
  2. フォームに回答するとパスワードが開示されます.パスワードは他者に教えないようにしてください.
  3. 講義資料・映像が置かれたサイトにアクセスしてください.アクセス時,および動画視聴時にパスワードが必要です.

不明な点や,動作が説明通りにならないなど,質問がありましたら,m.imura [at] kwansei.ac.jp までメールで問い合わせてください.